任意売却から競売で自宅マンションさようなら

スポンサーリンク

引越!! こんにちは賃貸住宅

借りてきたレンタカーにて一足先に妻と子供達を
新しい住処、賃貸住宅へ連れて行く。

家族には申し訳なかったが、この時が家族にとって
初めての転居先である。

家族の同意、特に妻の同意を得ている時間がなかった
ので私の独断で決めてしまったのである。

築年数は古いが内装リフォームを一応してあったので
予想よりもきれいであったらしく落胆の様子はないよう
に見えた。

入居前にガス、水道、電気の開通はさせておいたので
大まかな掃除を頼み、元自宅マンションへ戻る。

自宅マンションでは引越荷物の搬出は終了し、最終的
においていくものを決め、引越業者と共に賃貸住宅へ

移動ここで休憩とのことであるので、こちらもコンビニ
で購入したサンドイッチをがらんとした部屋で食べること
にする。

午後1時より搬入開始。賃貸物件情報のチラシに記入した
部屋と引越箱に書かれた部屋通りに引越にーさん

達は搬入し始めた。この賃貸住宅はいやゆるテラスハウス
でマンションとは違いエレベーターはないが玄関前に

数段の階段がある。家の前にトラックをつけられるが
この数段の階段が曲者で台車などを玄関口までつけられない

配送業者の嫌がるところだと思った。マンションであれば
運ぶ距離は長くとも玄関まで台車で運びこめるがこの数段

の階段のおかげでトラックから家まで全て手運びになる。
頑張れにーさん。

午後2時に落札者と自宅マンションで会う約束をしているので
家族を残し、また一人元自宅マンションへ戻る。

競売落札者は予想通り定刻に現れた。一人ではなく
二人である。

引越後のマンション内部の状況を見回し、置いていくものと量を確認し、
もう運び出すものはないかの念をおされ、残存物の処分をしても後で苦情
をしない旨の書類に署名させられる。

s_gomihi.jpg

使わない棚、本、壊れかけたエアコン、粗大ごみなど一切合財
置きっぱなしにしたが落札者は平然としていた。

せめてゴミは処分してくれと言われるかと思ったが意外であった。
任意売却や普通の引越であれば、こうはいかないだろう。

競売のメリットか、それともこの落札者が業者だったからか
運が良かったのか、掃除すらしなかった。

落札者と連れの一人は鍵の交換の業者であった。
最終確認を終わったらその場で入口ドアの鍵の交換をした。

keibaijitaku..png

渡そうと思った自宅マンションの鍵は不要とのこと。
確かに合鍵でももたれていたら中に居座られる可能性もある。
徹底している。

もう中に入ることはできない。他人に明け渡したことが実感
された瞬間であった。

そして約束していた移転費用の半額をもらう。
keibamoney.gif
世間話をして別れる。彼に会うことも、ここに来ることも
多分ないだろう。




posted by けいばい at 22:00 | 競売で家がなくなるまでの日記

引越し!さよなら自宅マンション!!

引越当日。快晴の引越日和?である。

長男が3歳の時に入居し、ここで長女が生まれ育った自宅マンション。
一緒に風呂に入った、食事をした、ゲームをしたリビングルーム。

keibaikazoku44.gif
泣いた、笑った、怒った、様々な思い出の詰まった自宅マンション。

お気に入りだった窓から見えた夕暮れ時の富士山ともお別れである。
MgQElAbGYD9A4Js1431214003_1431214561.jpg

今子供たちは下の子は高校生、上は大学生。それぞれ
好きなことをしており、家の状況はわかっているのか

いないのか、新しい場所へ引っ越す理由もくわしくは
聞いてはこない。

自分の寝起きするスペースはどうなるのか。
駅から遠いのか近いのか、そちらの方が気になるようだ。

下の娘が小学校6年の時に、もしかしたら転居するかもと話したら
友達との別れをいやがって泣いて抗議してきたこともあったが、
keibaimusume5.gif
今では近所には仲の良い友達もいないらしく
引越をすることにあまり抵抗がない様子であった。

8時には引っ越し業者が時間通りに現れた。
普通の引越業者が来て、普通に引越を始めた。

傍から見れば、よくある普通の風景である。
競売で自宅をなくし転居するとは見えないだろう。

しかし、私は管理費を溜めに溜めた問題入居者
だからマンション内では有名なはずである。

どこかの誰かが、終に引越しかという言葉と視線が注がれて
いるのではないかと気がしたが構うものかと開き直る。

午前中に全て運びだし、午後からは搬入というスケジュール。

引越バイトを何度もしたのでどんな手順で進める
かは察しがついている。

2日前から引っ越し業者からもらった段ボールに
つめた家族それぞれの荷物をにーさん連中が運び

出す。彼らもバイトか、顎で使われてはいないか
と心配する。せめてもとお菓子と飲み物をあらかじめ

休憩時間に飲むようにと渡しておいた。

妻が引越業者には任せたくないという身の回りの
ものを運ぶためや家族を移動させるためにと念のた

めに1日レンタカーを借りに行ってくる。



posted by けいばい at 07:57 | 競売で家がなくなるまでの日記
スポンサードリンク