任意売却から競売で自宅マンションさようなら

スポンサーリンク

自宅を売らずに住宅ローンを払える債務整理が個人再生

住宅ローンが滞納しそう、したのであれば、まず頭をよぎる
のは競売。

強制的な債権回収手段、家を法の力で処分されてしまう手段
ですが、それが頭をよぎります。

もう、この家ともおさらばなのか。

住宅ローンが支払えなくなったなら半強制
的に販売するのが任意売却。

今まで住んでいた自宅がなくなるのは競売と同じです

住宅ローンを支払うことができなくなる理由は様々であると
思いますが、予定外の物品購入、旅行、車、キャッシング、

そのた住宅ローン以外の債務が増えたことによって家計が
厳しくなって支払いが厳しくなってしまうケース。

収入が増える予定がないのであれば何かの支払いを減らさなければ
なりません。

いわゆる債務整理です。

そんな借金の債務整理の一つに任意整理というものがあります。
まさに任意で債権者が同意しなければ減らすことはできません。

また、特定調停というものもあるのですが、こちらは法的な
力が及ぶので減額はされる可能性はありますが、その金額が

低い。

最も効果が大きいのが個人再生です。個人再生は自己破産と違って
すべての資産を処分する必要がありません。

個人再生には住宅を残したままその他債務を5分の1もしくは
100万円まで大幅に減額できるので住宅ローンの支払いに余裕が生まれます。

私も検討したのですが、個人再生には条件があって減額した債務を
3年を目処に支払うことができること。

債務が5000万以下であること。住宅ローンは支払い続ける
ことができること。そして定期的に収入が確保されること。

さらに手続きが少々面倒であることなどです。

家を残すことができる債務整理方法として魅力を感じましたが
自分で事業をやっていたため収入が安定せず個人再生はできません

でした。

給与所得者で且つ住宅ローン以外の債務がネックとなっている
のであれば今の自宅に住み続けるためにも、個人再生は検討の

価値ありだと思います。

posted by けいばい at 23:42 | 住宅ローンについて

任意売却も競売も結局自宅の売却に変わりない。

住宅ローンがが滞納しそうだ、した、場合には任意売却を
をすすめる、任意売却をすればすべてが解決かのような

イメージがありますが、任意売却しても競売になっても
結果的には自宅を売ることには変わりません。

任意売却をすすめるのは不動産の都合、手数料が入るから。
競売では一銭も入りませんから。

競売と違って任意売却は公報などに載らないので、家を
手放す理由は近所にはわからないかも知れませんが、

そんなこと気にしければ問題ではありません。また公報
などそんなに見ている人もいるものではありません。

逆に任意売却にすれば一般広告に出ますのでそちらの方が
目立つ可能性もあるくらいです。

任意売却をすればすべて問題解決であるかのような話
は注意したほうが良いでしょう。

任意売却と競売のおおきな違いの一つに販売価格、落札価格
の違いがあり、その差が残債の返済に影響するとの理由ですが

数千万のうちの数百万は同じようなものです。

競売決定から転居までは私の場合は約8ヶ月かかったので
その間、住宅ローンの分を貯めておけば引っ越し費用は

楽に捻出できます。私の場合は住宅ローン以外の債務が
あったので住宅ローン分を他に回さざるを得なかったの

ですが、そうでなければ競売決定前からすれば、
2年間近くの間住宅ローンを支払っていなかったことになるので、

任意売却との差はさらになくなってしまうことになるでしょう。
住宅ローンの借入が複数の場合

残債がなくなるか、なくならないかのローン残額であれば
任意売却もメリットはあるかもしれませんが、そうでなければ

競売になった方が今の住宅に住んでいられる時間は長くなる
のは事実です。

競売というイメージがまるで犯罪でもおかしたかのような
イメージですが、競売も家の販売手段の一つという考え方

でもあると思います。
posted by けいばい at 22:40 | 自宅の任意売却について
スポンサードリンク