起業が先か、自宅を買うのが先か? 任意売却から競売で自宅マンションさようなら

スポンサーリンク

起業が先か、自宅を買うのが先か?

独立起業すれば自宅手放す覚悟をする

その覚悟が私にはありませんでした。
ですから、独立後運転資金を住宅ローンの返済に回し

事業も回らなくなってしまうどっちつかずの状態。
競売が決定する前から、自宅を手放すつもりで資金を

事業に投入していたら回っていたかもしれません。
成功すればいつでも自宅は買えるのです。

中途半端な覚悟でいたから現在がある、と思います。
自宅を手放したくない、事業も続けたい・・・・。

基本的に私は夢追い人、
人生一度、夢を追い続けたい、そんな人間です。

かと言って明確な人生プランを持たず流されてきて
タイミングで家を買い、タイミングで独立起業しました。

それらはプランにはなかったものです。
競売で家を失うことももちろんプラン通りではありません。

あくまで夢であってプランではないのです。

就職、結婚、子育て、家族平和であればそれに勝るものは
なし。

いくらの収入をもらい、いくつまで勤め、いくらを残し
余生をどうするか。

これが普通の人生でしょうか。そういうプランであって
も良いでしょう。

しかし、普通とは何でしょう。

結婚したくてもできない人もいる。子供が欲しくても
できない人もいる。

皆様々な環境で育ち、様々な人生を歩む。

一家の主として起業したい。自分のちからを試してみたい。
人に使われるのはまっぴらだ。

そんな人は普通ではないのでしょうか。

サラリーマンであっても、その会社が未来永劫存在できる
という保証はありませんが、起業となればリスクは

高まります。

そのリスクを考えた上で起業しようというのであれば
それも人生です。

では、その元手はどうするか?

資本です。自分で貯める?、借入する?

自分で貯めたお金をどこに当てるか、マンションを
買う、資本金として会社を作る。

両方同時にできるほど資金潤沢であれば問題ありませんが
普通のサラリーマンであれば、どちらか優先順位を

立てなければなりません。
家を買って安定路線を歩むか、それとも起業して成功目指す

道を選ぶのか。

自宅購入は人生を決める大きなターニングポイントでしょう。
その際には自分の人生のプランをもう一度、あるいは考える

必要はあると思います。
posted by けいばい at 02:32 | 競売で家がなくなるまでの日記
スポンサードリンク